株式会社 経済界

HOME > メルマガサンプル

メルマガサンプル

経済界メールマガジン Vol.1

□■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■□

  経済界メールマガジン Vol.1 2012.04.09

           http://www.keizaikai.co.jp
  https://www.facebook.com/keizaikai

□■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■□

 ★ 読者プレゼント ★

 北端康良先生サイン入り『自分の秘密』を抽選で3名様にプレゼント

 ⇒ https://f.msgs.jp/webapp/form/15812_ekx_7/index.do

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

東京はあちらこちらで桜が満開。
日本に生まれてよかったと思う季節ですね。

さて、このたび、弊社も遅ればせながら、皆様にお役に立てるで
あろう情報を、メルマガで配信させていただく運びとなりました。

雑誌の最新刊や新刊書籍のご紹介、経済界倶楽部の講演会の情報、
金の卵発掘プロジェクトの応募情報などを配信させていただきます。

「日本を元気に」するには、何も政治家や大企業が元気であれば安泰、
というわけではありません。

個々人が夢や希望を持ち、自信と誇りを忘れずに働ける世の中に
なれば、この国はきっと輝くと信じています。

新年度も始まったばかりです。いい仕事しましょうね!


株式会社経済界 代表取締役社長 佐藤有美


※インターネットの接続経路により新しいホームページが閲覧で
きない可能性があります。その場合、時間を置いて再度アクセス
してください。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

★ 目次 ★

■〔1〕雑誌「経済界」最新号の紹介

■〔2〕単行本・新書 4月の新刊

■〔3〕経済界倶楽部 例会だより

■〔4〕日本のキーマン

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■〔1〕雑誌「経済界」最新号の紹介(編集長 吉田浩)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

4月17日号の雑誌「経済界」をご覧いただきましたでしょうか。
巻頭特集は「親鸞に学ぶ日本再生論」。

普段とは一風変わった特集ですが、激動の時代を生きた親鸞の人
生と思想は、現代に生きる経営者、ビジネスマンの読者の方々に
もきっと役立つのではないでしょうか。

浄土真宗の開祖と言えば何やら一般人を超越した「スーパー坊主」
のようなイメージもあるかもしれませんが、本特集を読めば、
われわれ現代人と同じく、時代に翻弄され、煩悩に迷い苦しみ、
ジタバタしながら、やっとこさ真理に到達したさまがよく分かります。

そのあたりは、作家の五木寛之先生や寺島実郎・日本総合研究所
理事長などにわかりやすく解説を加えていただいております。

親鸞の姿から、日本の将来に想いを馳せるも良し、「ああ、歴史
上の偉人も自分と同じだ」と慰めにするも良し、単純に読み物と
して楽しむだけでも良し、一念発起して出家するも良し。
読者の皆様の心に何かを残せれば幸いです。


==================================================
『経済界』最新4月17日発売号 注目の記事
==================================================

【特集】転換期を迎えた日本経済 親鸞に学ぶ日本再生論!!
 スペシャルインタビュー 作家・五木寛之氏
「迷い多き現代に生きる私たちに、親鸞の思想はヒントを与えてくれる」

【レポート&インタビュー】
 復興大臣・平野達男氏
「復興最大の課題である“まちづくりで住民合意”が得られるよう、
全力で自治体をサポートします」

 シャープの新社長・奥田隆司氏が激白!
「復活のカギはスピード。ハンコがたくさん並んでいるようではダメだ」

【フェイス】
 岡村幸彦氏(アイセイ薬局社長)


▼『経済界』の詳細およびご購入はこちら
⇒ http://www.keizaikai.co.jp/magazine/

▼『経済界』の定期購読のお申し込みはこちら
⇒ http://www.keizaikai.co.jp/magazine/subscription.html

※インターネットの接続経路により新しいホームページが閲覧で
きない可能性があります。その場合、時間を置いて再度アクセス
してください。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■〔2〕単行本・新書4月の新刊(取締役出版局長 渡部周)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

今月の出版局イチ押しの新刊をご紹介致しましょう!

昨年度、弊社刊行『一生かかっても知り得ない 年収1億円思考』で
新人ながら15万部超の大ベストセラーとなり、衝撃的なデビューを
飾った富裕層専門カリスマFPの江上治(えがみ・おさむ)さんの
期待の新刊が登場します。

タイトルは『一生かかっても知り得ない 年収1億円人生計画』です。

前著では、世の中の多くの人が、年収800万円で頭打ちする理由を
明らかにした上で、稼ぐ思考は、稼いでる人しか知らないその秘密を
「1時間で1億円分の価値が得られる」と銘打ち、解き明かしました。

その後のビジネス書分野では、「1億円」が大ブームになり、亜流の
書籍が多く出されたほどです。

本著では、人生計画を第一次から第三次に分け、第一次では0歳から
の環境の重要性を説き、第二次で過去の棚卸しだけで年収2千万円は
実現できるとし、第三次人生計画で初めて年収1億円の実現法を明か
します。

今回、福岡ソフトバンクホークスの小久保選手が意外にも、江上さん
のクライアントの一人であることが明かされ、40歳を超える現在ま
で現役トップとして君臨できる秘密を披露。
おまけに某有名経営者の家計簿まで大公開されています。

もちろん、全体として、年収1億円を稼ぐ人の共通思考のエッセンス
の塊になっています。

年収1億円を大きく超えるクライアントを50人以上抱える江上さん
ならではの、迫力ある読み物です。読み方、読む人によっては、一冊
1億円以上の価値がある本です。

前著を超えてスケールアップした本著を、ぜひとも購入して本がボロ
ボロになるまで読み込み、実践チャレンジしてください。


==================================================
単行本・新書 4月発売 新刊情報
==================================================

【4月10日(火)発売】
『烈火戦線3 第二次珊瑚海海戦!』(林譲二・著/定価999円)

【4月25日(水)発売】
『年収1億円人生計画』(江上治・著/定価1470円)

『おうちのはなし』(石川新治・著/定価1500円)

『人生は「数学」で考えるとうまくいく』(鍵本聡・著/定価840円)


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■〔3〕経済界倶楽部 例会だより(専務取締役 時田宗明)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

4月の本部例会は、日本を代表する建築家・安藤忠雄氏をお迎えします。

実は昨年から事務局では、「安藤氏に講師をお願いしたい!」という声
が上がっておりました。何せ国内外のコンペで世界を飛び回る安藤氏の
こと、「超多忙だから無理だろう」と、勝手にあきらめておりました。

ところが、年が改まって今年2月。「ダメもとでお願いしてみるか」と、
安藤事務所に電話したところ、なんと「4月ならいいですよ」と、快諾
くださいました。案ずるより生むが易し。

さて、今回の講演のテーマは「戦略なき日本」。
東日本大震災の震災遺児たちを教育の面から支援する安藤氏は、被災地
だけではなく、夢と希望が持てない日本社会を憂いておられます。

日本の未来のために今、何をなすべきか。
安藤氏の提言を伺います。会場では、安藤氏の著書も販売いたします。

ぜひご参加ください。


==================================================
第411回 東京例会「戦略なき日本」
==================================================

 講師/安藤忠雄氏(建築家)
 日時/4月13日(金)
    講演11:30~
 会場/東京會舘「ロイヤルルーム」


▼例会への参加申込はこちら
⇒ https://www.keizaikai.co.jp/inquiry/trial.php

▼経済界倶楽部への入会申込はこちら
⇒ https://www.keizaikai.co.jp/inquiry/register.php

▼経済界倶楽部の資料請求はこちら
⇒ https://www.keizaikai.co.jp/inquiry/data.php


※インターネットの接続経路により新しいホームページが閲覧で
きない可能性があります。その場合、時間を置いて再度アクセス
してください。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■〔4〕日本のキーマン(常務取締役 佐藤尊徳)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

先日、安倍元総理大臣にお会いしました。

安倍元総理といえば、「アジアの子どもたちに学校をつくる議員の会」
の会長をされています。

同会は、月1万円ずつ出し合ってアジアに小学校をつくるというもの。
50名も集まれば、年間600万円になりますから、十分、学校をつ
くることができるそうです。

これまでに、ミャンマー、カンボジア、ラオス、タイに小学校をつくっ
ており、先程、安倍元総理自身がミャンマーまで目録を持って行った
そうです。

さて、ミャンマーといえば、軍事政権下で欧米から経済制裁を受けて
います。しかし、先日、ミャンマー連邦議会補欠選挙が行なわれ、
民主化へ一歩前進しました。

アメリカのクリントン国務長官が訪れたときは、「経済制裁解除か!?」
とバブルが起こり、中心市街地の地価も同氏が来る前後では2倍近く
にも跳ね上がったと言われております。

中国は中国で、ミャンマーにダムの建設を申し出て、発電量の9割を
自国に持っていく計画を立てていました。
現在、その事実が明るみになり、計画がとん挫しておりますが、実に
したたかです。

韓国も、国を挙げて韓流ドラマを売り込んでいます。
目的は、ミャンマーのテレビを韓流ドラマでジャックして、韓国文化
をミャンマーに広めていく計画だそうです。

日本は、海外に対して官民挙げての売り込みが不得意です。
これから人口減少、高齢化で確実に国力が衰えていく日本にとって、
中国や韓国のように、海外に何らかの行動を起こしていかなければい
けません。

せっかくアジアに学校をつくる活動をしているのであれば、安倍元総
理には、日本のトップであった立場を利用して、箱モノだけでなく、
日本のすぐれたソフトで、アジアの教育を支援していくことが、未来
の日本にとってもプラスに働くのではないでしょうか。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

※このメールマガジンは、弊社とご縁のある方々、また名刺交換
させていただいた方たちにお送りしています。

▼ご意見・お問い合わせ
⇒ info@keizaikai.co.jp

▼配信停止・アドレス変更はこちら
⇒ https://f.msgs.jp/webapp/form/15812_ekx_6/index.do


※インターネットの接続経路により新しいホームページが閲覧で
きない可能性があります。その場合、時間を置いて再度アクセス
してください。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【発行人】株式会社 経済界
     代表取締役社長 佐藤有美

▲ページTOPへ

無料メールマガジン登録