株式会社 経済界

HOME > 書籍 > 戦記ノベルス > 『百花繚乱の凱歌(3)』

書籍詳細

『百花繚乱の凱歌(3)』

下記でもご購入いただけます

『百花繚乱の凱歌(3)』

著者:遙 士伸
本体:1000円(税抜)
発行年月日:2020年1月11日
判型/製本:ノベルス
ページ数:216
ISBN: 9784766732801

内容紹介

第三帝国による世界制覇を目論むヒトラーは、ソ連と共謀のうえポーランドに侵攻して分割占領に成功。
フランス、イギリスを制圧、アメリカ本土とハワイも支配下に収める。ドイツ艦隊は太平洋を横断して日本海軍連合艦隊と激突。敗れた日本は本土決戦でも敗北を喫して本土を追われた。
ドイツ第三帝国に対抗すべく日本は米英仏と自由四国同盟を結ぶが、その連携は悪く連敗を繰り返す。
ソロモン海域でイギリス艦隊を撃破したドイツ艦隊に大和の46センチ砲が炸裂、自由四国同盟軍はなんとか一矢を報いる。本格的な協力体制を敷いた日米英仏は、本土奪還を目指して総力戦に挑む!

著者紹介

遙 士伸(はるかしのぶ)
1969年仙台市生まれ、東北大学卒業。 「IF」の大戦をリアリティー重視で再構築し、あくまで実現可能な設定を考慮しつつ、登場人物の個性やドラマ性を重視した作風にファンは多い。
著書は『パシフィック・レクイエム』『孤高の日章旗』(小社刊)、『時空連合自衛隊』(コスミック)、『帝国崩壊』(学研)などの好評シリーズがある。