株式会社 経済界

HOME > 書籍 > 戦記ノベルス > 大日本帝国最終決戦6

書籍詳細

大日本帝国最終決戦6

下記でもご購入いただけます

大日本帝国最終決戦6

著者:高貫布士
本体:951円(税抜)
発行年月日:2016年3月25日
判型/製本:新書判並製
ページ数:256
ISBN: 9784766732337
シリーズ:リュウノベルス

内容紹介

第二次世界大戦で日本帝国は欧州に艦隊を派遣し、ソ連艦隊を相手に大活躍する。ヒトラー死亡後、ドイツは連合国軍と休戦講和。ソ連に侵入されたドイツは英米日軍と共闘して赤軍を撃退。連合国軍はモスクワを落とし、無条件降伏によりソ連邦は崩壊した......。
東シベリアには日英の協力で東方ロシア帝国が建国され、ロシア連邦のフルシチョフ大統領は国土を奪回すべく進撃を命じた。東露軍の反撃に屈したロシア連邦は米国に支援を求めるが、米海軍は日本艦隊に大敗を喫し、さらに重爆撃機編隊がアラスカの米空軍基地を空襲した。
日英独の支援を受けた東露軍はモスクワに迫り、追い詰められたフルシチョフ大統領は辞任を発表する......。

著者紹介

高貫 布士(たかぬき・のぶひと)
1956年生まれ。神奈川県出身。
学生時代に軍事評論家・小山内宏氏、航空評論家・青木日出夫氏らが創設した「軍事学セミナー」で軍事学を修得。 出版社勤務を経て、軍事アナリスト・作家として活躍する。
著書にはノンフィクション、フィクションと、多数ある。
「大日本帝国欧州参戦』『大日本帝国欧州激戦』(ともに小社刊)
『蒼溟の海戦』(有楽出版社)
『新東亜大戦』(学研)など。